ブラックの人の場合は融資を受けることは難しい

銀行などのカードローンは審査がけっこう厳しめで、これまで返済遅延が多かったような人の場合には審査に落ちてしまうこともあります、また、信用情報機関に異動の記録が残っている、いわゆる金融ブラックの人であれば、銀行の審査に通ることは難しいと言われています。

金融ブラックでも融資

そこで消費者金融ならブラックの人でも融資を受けることができるのではないかと考えて、申込みをする人が多いようです。消費者金融の場合には審査の基準が銀行よりも緩めであるため、銀行で融資を受けられない人でも消費者金融なら大丈夫だというケースが多く見られます。そして確かに消費者金融であれば審査がスムーズという事実はあります。多少の返済遅延があっても融資を受けることができる人も多いです。しかし、異動の記録があるようなケースでは話が違ってきます。返済遅延の記録は、ちょっとうっかりしていて忘れてしまったような場合でも付いてしまいます。これに対して異動の記録は返済することが困難な状況に陥ってしまったような場合にしか付きません。そのため、異動の記録があるブラックの人の場合は融資を受けることは難しいと言えるでしょう。

そのため、ブラックにならないようにするため、きちんと返済計画を立てた上でキャッシングを利用することが大切です。また、信用情報機関に登録されている異動の記録は一定期間経過すると消えるようになっています。消えてからであれば、ブラックだということが分からないため、再びキャッシングを利用できるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加